近年ではSDGsを意識した「サステナブルファッション」への取り組みが急速に広がっています。着物リメイクのオーダーメイドにも関係する「サステナブル」の意味や、日常に取り入れられるサステナブルな取り組み、日本文化と着物とのかかわりについてお伝えします。

サステナブルとは?サステナブルファッションのすすめ

サステナブルファッションとは

和柄のバッグ

サステナブル(Sustainable)は英語で「持続可能な」という意味です。「サステナブルファッション」は直訳すると「持続可能なファッション」のことで、衣服の生産や流通において地球環境や関わる人・社会に配慮した取り組みのことを指します。

従来のファッション業界では、安価な衣服の大量生産による水質汚染などの環境負荷や発展途上国での低賃金労働、動物の殺処分などが問題視されています。

環境省によると、日本の家庭で廃棄される服の量は年間約48万トンにも上り、大量廃棄による環境負荷も大きな問題です。そうした問題を解決すべく、関心を集めているのがサステナブルファッションです。エコな素材を使用する、動物の毛や皮を使わない、服をリサイクルするといった、サステナブルな商品づくりを行うブランドも増えています。

私たちができるサステナブルな取り組みとは

企業だけでなく、消費者である私たちにできるサステナブルな取り組みも数多くあります。例えば、今持っている服を現在よりも1年長く着るようにすると、日本全体で4万t以上の廃棄量の削減につながるといわれています。本当に必要な服、長く着られる服を選んで購入することも大切です。

古くなった服でも、お直しやリペアを施せば長く着られるようになり愛着も湧くでしょう。お持ちの着物をリメイクして再利用することも、サステナブルな取り組みの一例です。上質な素材を使用して丁寧に仕立てられた着物は、何世代にもわたって使うことができます。持続可能な地球環境・社会環境のために、できることからサステナブルな取り組みを始めてみてはいかがでしょうか。

日本文化と着物とのかかわり

花の刺繍

着物は日本人の生活に深く根付いており、日本の伝統文化や様々な儀式・行事と密接に関わっています。

茶道・華道・能・狂言・歌舞伎・剣道・弓道・日本舞踊など日本を代表する伝統文化において、着物は欠かせない要素です。現代の生活の中でも、人生の節目にあたる大切な場面では着物の出番があります。

お宮参りや七五三、成人式などの儀式や行事、茶道や日本舞踊などのお稽古などでも着物を身につけます。そして着物の色や柄には、桜や菊、紅葉など日本の四季や風物を表現したものが多く見られます。四季折々の豊かな自然に恵まれ、季節感を大切にしてきた日本人の感性は独自の美的感覚を生み出し、着物の中には和の文化が凝縮されています。伝統的な日本文化を支える着物は、世界に誇れる民族衣装です。

サステナブルなライフスタイルに着物リメイク・オーダーメイドを

着物リメイクで着物を長く使い続けることは、サステナブルな取り組みのひとつです。瑠璃猫は、思い出の品として大切に受け継がれ、かつ素材が丈夫でリメイクに最適な着物に注目し、日常生活で使用できるアイテムにリメイクするオーダーメイドサービスをご提案いたします。

お持ち込みいただいた着物は、黒留袖ジレストールなどの小物にリメイクが可能です。卓越した技術を有する和裁技能士が着物リメイク・オーダーメイドに対応するため、長く愛用できるアイテムをご提供できます。日本の文化である着物をより身近に感じていただくとともに、物を大切にする心を持った、環境にやさしい循環型社会を目指します。着物リメイクのオーダーメイドでお手持ちの着物を再活用したいとお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

着物リメイクのオーダーメイドなら瑠璃猫へ

会社名 紬屋瑠璃猫株式会社
運営統括責任者 野口治子
住所 〒241-0013 神奈川県横浜市旭区三反田町271−2
TEL 050 6860 8816
メール info@rurineko.shop
URL https://rurineko.shop/