現代で身にまとうものは洋服が圧倒的に多く、デザインや機能性も多彩です。しかし、かつて着物は洋服と同等に日常的に着る機会が多く、どの家庭にも着物がありました。瑠璃猫は日常でもっと気軽に着物を取り入れて欲しいと考え、着物をおしゃれな小物やバッグなどにアレンジする着物リメイクを行っています。こちらでは瑠璃猫の思いやコンセプト、着物リメイクの流れをご紹介します。

着物を日常のコーディネートにも取り入れてみませんか?

アレンジしたバッグ

着物はもともと私たちが日常生活で着ていた身近な衣服です。成人式や冠婚葬祭だけでなく、日常生活に着物を取り入れてみませんか。着物を目の前にすると、着付けのルールや決まりごと、この組み合わせでよいのかなど様々な疑問や不安が出てくることでしょう。しかし、まずは難しく考えずに日常のファッションとして楽しむ気持ちが大切です。

着物を取り入れたいと思ったとき、コーディネートの判断に迷った場合は、洋服を選ぶイメージで取り入れるのもよいでしょう。春は桜や蝶などの絵柄で華やかに、夏はあやめや藤、魚や流水などで涼しげな雰囲気を出すことができます。秋には菊やもみじ、冬は椿や南天など。

その季節に合った色や柄の着物を選びますが、着物においても季節を先取りするのが粋だといわれています。着物の生地や絵柄には、抽象的な模様や吉祥文様など季節を問わず取り入れられる色柄もありますので、コーディネートを難しく考える必要はありません。

着物は工夫次第で日常のコーディネートに活躍します。例えば、着物をリメイクしたバッグや小物であれば、普段のファッションにも手軽に取り入れられます。季節に合わせた色柄を選んだり、合わせる小物を変えたりとアレンジすることで、十人十色のコーディネートを楽しめるのが着物の魅力です。日常生活のちょっとした機会に着物を取り入れることが、生活に潤いを与えてくれるでしょう。

趣味やお稽古だけでなく、日常のおしゃれとして着物を活用するのもおすすめです。普段の生活に和を気軽に取り入れるために、まずはお手元の着物をアレンジできないか、着物リメイクをご検討いただいてはいかがでしょうか。

瑠璃猫の思い・コンセプト

青空と女性

瑠璃猫は「アンティークのアイテムを何とか現代で使える形にできないだろうか」という思いから生まれた着物リメイク専門店です。

約100年という歴史を持つアンティークの黒留袖は軽くやわらかで、しっとりとしていながら張りもあり、現代の着物生地とはまったく違う質感です。

100年前の衣服が大切に保存されていることは、感動を覚えるほどすばらしいことです。着物は長い歴史を持つ文化であるとともに、美的センスに優れたアイテムです。さらに着物は、物を大切にする日本ならではのエコや再生可能を意識した衣服といえます。

和服というファッションは誰かに譲ることを前提に仕立てられています。そのため、布を裁つときは最低限の直線のハサミしか入れません。また、身体に添わせるためのカーブも裁断ではなく縫うことで表現するので、縫い目をほどけば平らな布に戻せます。

着物を自分のサイズに仕立てる際も布に余裕があれば、その余分な布を中に縫いこむこともできます。ほどいて色を染め替えたり、柄を描き足したり消したりと使い、最後にはオムツや雑巾として使い切る気持ちで1枚の布を大切にするのが日本の着物文化なのです。

近年はエコやエシカル、再生可能といったワードが注目されていますが、私たち日本人は昔から丁寧に物や自然と向き合いながらエコに暮らしてきたのです。和服や、その和服を仕立てるための和裁は、決して途絶えさせてはいけないものだと瑠璃猫は考えています。

瑠璃猫の着物リメイクの流れ

瑠璃猫では、以下のような流れで着物リメイク・オーダーメイドを承ります。

1.お問い合わせ

お客様のご希望をお伺いします。どのような着物があり、どのアイテムに加工したいのか、お知らせください。黒留袖をジレストールに、小紋をストールにといったように、様々なアイテムのオーダーメイドに対応します。ユニセックスなアイテムの製作も可能です。

2.お見積もり

オーダーメイドの内容が決まりましたら、お見積もりをさせていただきます。お見積もり金額にご納得いただけましたら、お手持ちの着物を瑠璃猫までお送りください。

3.加工

専門スタッフが着物の状態を確認したのち、道中財布やカードケースなどへの加工に入ります。着物リメイク・オーダーメイドは職人による手仕事で製作します。着物をそのまま加工するだけでなく、色のカスタマイズやアレンジなども承ります。

瑠璃猫は着物リメイクを通して、着物の良さをもっと多くの方々に知っていただきたい、日本の文化を大切にしていきたいという思いがあります。肌触りの良さや身につけたときの華やぐ気持ち、美しい色柄など、日常で着物の魅力をお楽しみいただけるよう、こだわりを込めて製作いたします。

着物を小物やバッグなどにアレンジするなら瑠璃猫へ

会社名 紬屋瑠璃猫株式会社
運営統括責任者 野口治子
住所 〒241-0013 神奈川県横浜市旭区三反田町271−2
TEL 050 6860 8816
メール info@rurineko.shop
URL https://rurineko.shop/